国家安寧祈願祭

 

主   催 神道青年全国協議会

特別協力 橿原神宮

協   力 神道青年近畿地区連絡協議会 奈良県神道青年会

日   時 平成28年6月7日(火曜日)~同8日(水曜日)

 

趣旨

明治天皇御製
橿原のとほつみおやの宮柱 たてそめしより国はうごかず

我が国は本年で紀元二千六百七十六年を迎へた。数ある国々の中で二千六百七十六年に亘る歴史を有す国はさうはないであらう。我が国建国の原点は橿原の地にあり、この地において初めて国の柱、国の基礎が建てられた。以後、我が国は揺るぐことはなく建国より今へと続く我が国を誇りに思ふ。
神倭伊波礼琵古命は神武東征を成し遂げた後、畝傍山の東南、橿原の地において第一代神武天皇として即位され、「六合を兼ねて都を開き八紘をおほひて宇となさむ」との詔を下された。我々や世の中に存在するすべての物が睦み合ひ平穏な世界にしてゆくべきであると示したものである。この意志は建国以来、絶へることなく今へと続く。神武天皇が崩御されてより二千六百年となる本年、その聖德を偲ぶと共に御事績を顕彰し、次代の安寧を願ふことは我々の使命である。
昭和十五年には紀元二千六百年の行事や神事が国家の祝典として挙行されたが、戦後はいはゆる神道指令の影響により、神道に関連するものは一切排除され、紀元が使用されなくなるばかりか、紀元節も廃止の憂き目に遭ふこととなった。先輩諸賢の尽力により、建国記念の日として復活を果たしたものの、現在、その意義にかかる国民の関心は決して高いとは言へない。神話や伝承を排除し信仰を忘却させることは、日本人としての精神性を欠落させ、やがて国としての誇りをも失ふこととなる。
来る紀元二千七百年が国民挙げての奉祝となるやう時流を作ることは、我々青年神職の役目である。今ここに神武天皇の聖徳に改めて想ひを致し、橿原の地において、日本民族としての誇りを恢復し、我が国の根幹を確固たるものに修り固めなすべく、本事業を展開するものである。

 

橿原神宮 (詳細はこちら

 

全国各県より奉献

 

列立

 

伝供

 

祭文奏上

 

扇舞

 

奉仕者

 

本年、橿原の地で建国の礎を築かれた神武天皇が崩御されてより、二千六百年を迎えます。
その節目となる本年6月8日午前10時30分より、奈良県橿原市久米町鎮座、橿原神宮に於いて、「神武天皇二千六百年記念事業 国家安寧祈願祭」を斎行しました。
当日は、前日の悪天候とは変わり天候にも恵まれ、橿原神宮 宮司 久保田昌孝様を斎主に、100名を超える全国の青年神職が集い、厳粛に祭典が斎行されました。
国家の安寧を祈るとともに、神武天皇が建国された想いを護り伝えるべく、心を一つに祭典を奉仕いたしました。

(神青協FBより)

 

当日のブログはこちら

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:5 平均点:6.00
カテゴリートップ
神武天皇二千六百年記念事業
次
世界平和祈願祭