ホーム >> 県内神社のブログ集 >> 『神武さん参り』発刊

県内神社のブログ集

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link 宮崎神宮 宮崎神宮 (2018-4-22 9:33:01)

feed 『神武さん参り』発刊 (2018-4-2 12:43:20)

神武天皇二千六百年記念事業の一環として準備をすすめておりました

『神武さん参り』を発刊致します。

「神武会」は平成二十四年十月五日に発足しました。
当会は、神日本磐余彦天皇(初代・神武天皇)を奉斎している宮崎神宮、ご東遷の際に武運長久を祈願したと伝わる都農神社、ご誕生地といわれる狭野神社の三社で結成し、神武さまのご神徳発揚に努めることを目的としています。

爾来、「ご朱印帳」と「神武会」の略記を作成して社頭頒布し、また、神武天皇が崩御されてより二千六百年の式年を迎えた同二十八年四月には、三社にて参拝団を編成(七十五名)、橿原神宮に正式参拝しました。
 

このようななか、声があがっていたのが神武天皇のご事蹟をまとめた冊子の作成でありました。県内のゆかりの地を網羅するだけでも様々な伝承が伴うのに、それを橿原神宮でのご即位まで一本にまとめようというのであるから容易なことではありませんでした。写真提供はじめ、文章校正に至るまで、お手を煩わせた各神社に対して厚く御礼申し上げます。
 

さて編輯にあたっては、一般の方々に関心をお持ちいただけるよう平易な文章とし、写真もふんだんに使用しました。『古事記』『日本書紀』の記述をはじめ、各地にのこされている神話伝承に依拠したことはいうまでもありません。この国の来し方を学び未来の指針とするためにも、是非とも本書を紐解き、神武天皇ゆかりの神社にお参りいただければ幸甚に存じます。

 

※『神武さん参り』フルカラー50頁

発行日 平成30年4月3日
発 行 神武会
授与料 500円 

○狭野、都農神社社頭にてもお受けできます。

○4月3日は流鏑馬馬場においてもお受けできます。


execution time : 0.162 sec