ホーム >> 県内神社のブログ集 >> 高鍋神楽 伊勢神宮神楽奉納100周年記念事業 ご協賛のお願い

県内神社のブログ集

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link 都神日誌 都神日誌 (2017-8-15 14:25:17)

feed 高鍋神楽 伊勢神宮神楽奉納100周年記念事業 ご協賛のお願い (2017-5-14 13:35:13)
高鍋神楽とは、宮崎県児湯郡の都農町、川南町、高鍋町、木城町、新富町の東児湯5町の神社で奉納される神楽の事で、その歴史は古く、言い伝えによれば、奈良時代に宮中で御前演奏を行い、過分の褒美を賜ったと伝えられています。また、江戸時代には、歴代高鍋藩主の加護の元、各神社の祭礼などで盛んに奉納されてきました。
然しながら、明治、大正、昭和と近代化が進み、日本各地で継承されてきた伝統文化の希薄化、衰退が著しく進みました。高鍋神楽もその例外ではなく、戦後壊滅の状態となりましたが、昭和30年頃から保存活動組織が起こり、その後、先輩方の多年のご苦労により、昭和44年4月に県指定無形民俗文化財( 高鍋神楽保存会 )となり現在に受け継がれています。
今年は、大正6年に浦幸次郎氏が高鍋神楽を伊勢神宮に奉納されてより、100年という節目の年を迎えます。そこで、この度 その功績に習い、伊勢神宮神楽奉納100周年を記念致し、神宮(内宮)に於いて高鍋神楽(都農神楽)の奉納を行う事となりました。
つきましては、本事業を行うにあたり、皆様のご厚志を賜りたく、ご協賛のお願いを申し上げる次第でございます。
ご出費ご多端な折柄 誠に恐縮ですが、本活動にご理解とご協力をいただき、ご協賛賜ります様お願い申し上げます。

平成29年                    
高鍋神楽会

奉 納 日 平成29年7月2日(日)
奉納場所 伊勢神宮(内宮)参集殿
協 賛 金 1口 2,000円から .

※ 協賛受付は、社務所で行っております。

連絡先 都農神社社務所 0983-25-3256
メール tunojinjya@hb.tp1.jp

execution time : 0.186 sec