神社検索
神社データ(神社名、住所、由緒等)から全検索します。  検索オプション
ホーム >  宮崎県の神社 >  東諸県郡 >  川中神社(かわなかじんじゃ)
川中神社(かわなかじんじゃ) 高ヒット [地図表示]
2014-12-18 13:24 投稿者: office (記事一覧) [ 2047hit ]
当社は都於郡の城主伊東三位入道義祐が勧請創建した。境内に金峯山中嶽西光寺跡があり阿弥陀堂一宇(木造、外廊付の頑丈な建築で床板など斧目そのままで使用し、室町時代末期の建築様式が残る)がある。川中キャンプ場の坂を上りつめたところに境内がある。
明治初年の廃仏毀釈の際、神殿内に隠されていた、阿弥陀如来像(高さ81㌢)の尊像(県文化財指定)が安置されており、明応八年(1499)室町時代の作であると思われる。西光寺は天正天皇の養老二年(718)開基と伝えられ、現在も住民の尊崇篤く、人々はこの阿弥陀堂まで総称して川中神社と呼び、川中神社宮司が奉仕している。例祭日には、山の神様には祝詞を奏上し、阿弥陀如来堂にては参拝者全員にて般若心経を七回唱えている。近年境内の美化整備がなされ、梅造園約八反歩、山桃園約五反歩、一ツ葉約千本、ツゲ約三百本、イチョウ約四百本が植えられ、四季を通じて楽しめる場として参拝者が増えている。
○川中神社阿弥陀堂宇
伝説によれば、川中様は養老二年(718)明久という者が開基したと伝えられている。
明久は猟師で山の猟を生業とし、長喜という猟師仲間がいた。二人は猟に出てある夜、野宿をしていた時、夢の中に一聖僧が現れて、「生ある者には、魂あり、その方どもは魂なる鳥獣を殺生すること永年に及び、その数まさに千頭に達しようとしている。その罪軽からず、直ちに殺生をやめ、仏の道に入り、阿弥陀仏、薬師仏の尊像を東、西の山に安置せよ。さすれば過去の罪業を免るべし。」と、教えて煙のように消えた。夢から覚めた二人には、一念発起して夢の中の教えを守り、仏道に帰依した。二人は、お互いに誓いを立て、明久は西の山川中嶽に阿弥陀仏を、長喜は東の山法華嶽に薬師仏を安置した。
ご社殿
ご社殿
正面鳥居
正面鳥居
参道
参道
地図  [KML] [地図表示]
電話番号(0985)77-1693
郵便番号880-1303
住所宮崎県東諸県郡綾町南俣5701
御祭神大山祇命(おおやまつみのみこと)
大己貴命(おおなむちのみこと)
保気食命(うけもちのみこと)
中山祇命(なかやまつみのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)
軻遇突知命(かぐつちのみこと)
旧社格無格社
御神徳健脚
社殿本殿 7坪 阿弥陀堂 19坪
創立年月日不詳
例祭日十一月二十八日
主な祭典
文化財川中神社堂宇 綾町指定有形文化財(昭和55年指定)
駐車場有り
最寄ICからのアクセス宮崎西ICより車で約55分
最寄駅からのアクセス
携帯で見る  URLを携帯に送る
カテゴリ内ページ移動 ( 28  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 28    
GNavi   (based on MyAlbum-P)