神社検索
神社データ(神社名、住所、由緒等)から全検索します。  検索オプション
ホーム >  宮崎県の神社 >  西都市 >  速川神社(はやかわじんじゃ)
速川神社(はやかわじんじゃ) 高ヒット [地図表示]
2012-3-31 13:29 投稿者: office (記事一覧) [ 12052hit ]
天照大御神(アマテラスオホミカミ)の命を受け新しい土地を求めて南下された天孫、邇邇芸命(ニニギノミコト)は、お供の1人である瀬織津姫を速川の瀬で急流に足を取られ亡くされました。邇邇芸命は深く悲しまれこの地に小さな祠を建立して、御霊を慰めたことに始まるという伝説が残されています。
当社の創建については詳らかではないが、速川の瀬の左岸に祭祀され瀬織津比咩命を主祭神として祓戸4柱大神を斎奉る神社であり、1764年生まれで郷土史跡研究家の大家「児玉實萬氏」の神代都絵図に描かれています。大正3年内務省が選定し伊勢の大神宮を初めとして日本全国の神宮また神社において奏上致しております中臣の大祓詞よし引用しますと、「速川の瀬に座す瀬織津比咩命という神」と書かれて有り、既に奈良時代以前より祭祀されていたものと思われ霊験灼か成る事は他に無く、その起因の古きは推し量ることができるかと思います。明治4年に発行された「県令郷社定則」に基づいて、明治39年に児湯郡上穂北村鎮座「若宮神社」現在の西都市大字南方島内村鎮座「南方神社」に遷宮され境内社として一隅に祭祀されておりましたが、大正14年に現在の所に正遷宮し昭和46年4月に宗教法人速川神社となりました。
神社の周辺には昔から、男滝・女滝・蛇滝等と称する滝が7滝ありと語り継がれ、その内の蛇滝が今の龍神の滝(本殿横にある滝)にあたると言われております。現在も参拝者が「生卵1包(2個)」を供えて祈願する習慣は、この7滝に捧げる龍神信仰から発生したものとも思われます。

参拝のしかた
卵(玉子)一包(2個)とローソク2本をお供えとして持ち、手水舎にて手を洗い口をすすぎ、拝殿へ上がり、ローソクに火を点け卵の包みを解きお供えしたのちに二礼二拍手一礼をもって参拝します。
※ローソクの意
お灯明のことは顔を照らす意です。
※玉子の意
卵(玉子)は主祭神にお供えしている神が蛇体であり、この神にお供えしてお願いをする意です。
西都市 )
ご社殿
ご社殿
入口鳥居
入口鳥居
ご社殿前
ご社殿前
地図  [KML] [地図表示]
電話番号(0983)42-0114
FAX番号(0983)42-5741
郵便番号881-0027
住所宮崎県西都市大字南方字鳥巣183-2
御祭神瀬織津比咩命(せおりつひめのみこと)
速開津比咩命(はやあきつひめのみこと)
気吹戸主命(いぶきどぬしのみこと)
速佐須良比咩命(はやさすらひめのみこと)
御神徳お祓いの4柱の神を奉斎し、罪穢れを祓い清め厄祓いを始め、家内安全、病気平癒、各種試験合格、その他諸々の願成就の神様として崇敬されている。
社殿本殿(流造)2.25坪 拝殿(入母屋造)14.3坪
創立年月日不詳
例祭日12月12日
主な祭典1月12日 祈年祭
2月3日 古札焼納祭
6月12日 夏祭
毎月12日 月次祭
駐車場有り(30台)
最寄ICからのアクセス西都ICより国道219熊本方面に約8㎞
最寄駅からのアクセス
携帯で見る  URLを携帯に送る
カテゴリ内ページ移動 ( 35  件):     1 ..  29  30  31  32  33  34  35  次
GNavi   (based on MyAlbum-P)