宮野浦神社(みやのうらじんじゃ)

2013-11-6 15:55 投稿者:  office
日向灘に面する日豊海岸国定公園の一部で、複雑なリアス式海岸が美しい景観を見せる。岬の沖合にある高島には亜熱帯性植物のビロウが300~500本自生しており、昭和五十年国の天然記念物に指定された。ビロウの自生北限地といわれている。
当社は寛永九年の勧請であって、古来、五社大明神と称していたが、明治四年十一月、
小字下ノ迫鎮座の天神社(祭神: 国常立命)
小字下ノ迫鎮座の恵美須神社(祭神:事代主命)
小字下ノ迫鎮座の愛宕大神社(祭神:火産霊命、伊弉諾命)を合祀して、社号を宮野浦神社と改称し、明治五年には社格も村社と定められ、幣帛料供進神社となる。
なお、古老の伝説によると、宮野浦字穂本天神は、永禄元年(1558)の鎮座と申し伝えており、その後百五年を経て、寛永九壬申年に五社大明神を同所に合祀したと言う。
延岡市 / 北浦町 )
ご社殿
ご社殿
参道
参道
御造営記念碑
御造営記念碑
地図

電話番号(0982)45-2248
郵便番号889-0303
住所宮崎県延岡市北浦町宮野浦370
御祭神国常立命(くにのとこたちのみこと)
伊弉諾命(いざなぎのみこと)
品陀和気命(ほんだわけのみこと)
息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)
底筒男命(そこつつおのみこと)
中筒男命(なかつつおのみこと)
上筒男命(うわつつおのみこと)
火産霊命(ほむすびのみこと)
事代主命(ことしろぬしのみこと)
旧社格村社
御神徳
社殿本殿(破風造)1坪 拝殿(破風造)7.5坪
創立年月日寛永九壬申年(1632)
例祭日旧暦九月二十四日
主な祭典
文化財
駐車場
最寄ICからのアクセス北浦ICより車で約20分
最寄駅からのアクセスJR日向長井駅より車で約30分