鵜戸神社(うどじんじゃ)

2013-1-21 20:08 投稿者:  office
鵜戸は神武天皇ご東遷の際御駐輦された所として顕彰されている。
鵜戸神社の創建は年代が詳かでないが、古来鵜葺草葺不合尊御上陸の旧地に、社殿を建設したと伝称し、境内本殿の西側にある高さ三尺、縦横九尺五寸の小丘は、尊、御上陸の旧址と伝えられる。当社は景行天皇熊襲征伐の際、海陸安全、全戦勝祈願の為、天皇十二年十月行幸あらせらると伝えるも拠るべき史料なく、確証し得ざるを遺憾とす。古来海上鎮護の神とせられ、社伝旧記には其の鎮座地を、日州高鍋領内河口村と記している。
昭和二十六年十一月、現在の本殿、幣殿、拝殿が再建された。
児湯郡 / 高鍋町 )
ご社殿
ご社殿
正面鳥居
正面鳥居
夏祭
夏祭
地図

電話番号(0983)22-2700
FAX番号(0983)22-2700
郵便番号884-0004
住所児湯郡高鍋町大字蚊口浦1-1
御祭神鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)
穂々出見命(ほほでみのみこと)
須佐之男命(すさのおのみこと)
邇々杵命(ににぎのみこと)
大物主大神(おおものぬしのおおかみ)
御神徳
社殿本殿(神明造)1坪 拝殿(入母屋造)10坪
創立年月日不詳
例祭日十一月十八日
主な祭典夏祭 7月18日に近い土日
文化財
駐車場
最寄ICからのアクセス高鍋ICより高鍋市街地方面へ約7.5km
最寄駅からのアクセスJR高鍋駅より徒歩で約5分