宮崎神青ブログ - 最新エントリー

いいね! 御守り ~④~

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
sashi 2020-2-25 19:18

今回 ご紹介するのは、

 

生目神社の御守りです。

 

本年度をもって卒会予定の日高会員がご奉仕されています。

 

共に活動は、なかなか出来ませんでしたが、

 

めったいにお会いできないタイプの方です。

 

 

神社由緒

 

生目神社は、宮崎市大字生目にある亀井山と称する丘上に東面して鎮座し、「日向の生目様」と呼ばれる古くから眼病に霊験あらたかな神社との信仰を集める。元亀天正の兵火で資料を焼失し詳かではないが「宇佐大鏡」には天喜四年(1056)に建立されてあったと記されている。昔より眼疾に霊験あらたかなりとして崇敬殊に厚く「日向の生目八幡様」として、広く知られ、九州はもとより、北は北海道、本州から直参祈願される参拝者も多い。 その縁起には種々の説があり、何れを真ともなしえないが 一説には景清公、日向下向に際し居を此地に撰び閉居され生を卒えられた。公の没後、公の活けるが如き霊眼を斉き祀ったこと。 一説には当地は古より霊地として眼疾患者を活かすに不思議に著しき霊験があった。 一説には活目入彦五十狭茅尊(いくめいりひこいさちのみこと)(垂仁天皇)を奉斎した社ともいわれ、御子影行天皇熊襲征伐の途、御父君のご命日に偶々之の地にて御霊祭を営まれたのを住民等が歓迎し聖地として永く奉斎し活目八幡宮と称え奉ったとも伝わる。 明治三年に生目神社と改称、同五年郷社に列し、翌六年には県社に昇格した。

 

 

 

「目出しダルマ」 

               

  努力の芽が出る御利益があります。

頭から穴を覗くと藤原景清公の御姿が見えます。

 

 

 

次回は、都城地区か児湯地区からご案内します。

 

 

 

例祭について

カテゴリ : 
教えて神主さん!
執筆 : 
sashi 2020-2-11 14:50

2月11日は、紀元節の日です。

 

建国の記念の日にあたり、神武天皇の偉業を仰ぎ、

国を愛する心を新たにして、皇室の永遠と国家の発展を祈りましょう。

 

 

さて今回は、例祭についてご紹介いたします。

 

神社の祭祀は、大祭、中祭、小祭に分けられます。大祭のうち、例祭は1年に1度のその神社の最も大切で、かつ盛大なお祭りです。

神社ごとに、特別なご由緒のある日などを例祭日と定めています。

 

鵜戸神宮の例祭は、毎年2月1日に斎行されます。

この日がなぜ例祭なのか、はっきりしたことはわかりませんが、

御祭神のご誕生の日、崩御の日とも言われています。

 

当神宮では、奉祝行事として

1日   第47回四半的弓道大会 約200名

1日夕刻 歌合戦 日南市 中央町地区・風田地区 約100名 

9日   第67回剣法発祥鵜戸山顕彰剣道大会 約3000名

が開催されました。

 

下記に次第を記載しています。

画像を交えご紹介

 

例祭次第

一、宮司一拝

一、開扉  (宮司が本殿の御扉を開きます)

一、献饌  (祭員が神饌を献じます)

一、宮司祝詞奏上

一、献幣の儀  (神社本庁より幣帛を献じます)

一、献幣使祭詞奏上

一、舞楽 蘭陵王奏舞

一、宮司玉串拝礼

一、献幣使玉串拝礼

一、参列者玉串拝礼

一、撤幣の儀  (本庁弊を撤します)

一、撤饌  (祭員が神饌を撤します)

一、宮司一拝

 

手水

列立(右側 祭員 左側 献幣使同随員)

参進

修祓

宮司一拝

開扉

献饌(神饌12台)

宮司祝詞奏上

献幣

 献幣使祭詞奏上

舞楽 蘭陵王(昨年は舞楽 納曽利 毎年交互に舞楽を舞います)

 玉串奉奠

献幣使玉串奉奠

参列者玉串奉奠

参列者 約200名

 退下

 直会(こちらは一般の方のみ 神職直会は別室で行います)

四半的大会(飫肥藩で伝えられてきた独自の弓術)

歌合戦(例祭に俵を奉納していただいた風田地区、中央町地区の皆様)

 

奉納米

 

剣道大会(剣法発祥の地で開催され大正時代から始まった大会)

 

 

南那珂支部清掃活動

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
sashi 2020-2-6 21:23

 

なかなか更新出来ず申し訳ないです。

 

年が明けて1カ月過ぎましたが、

 

新年明けまして、おめでとうございます。

 

本年も宮崎県神道青年を宜しくお願いします。

 

さて、1月29日に 南那珂神道青年会で清掃活動をしましたので ご報告いたします。

 

場所は

 

鵜戸神宮

 

吾平山速日の峰(あひらのやまはやひのみね)

 

最高峰は海抜150メートルで千古斧を入れない霊峰と言われています。

 

鵜戸神宮の御祭神 ウガヤフキアエズノミコト 

 

の 御陵と伝えられ、現在宮内庁の御陵墓参考地に指定されています。

 

会員2名遅刻・・・(奥の方は、一般の参拝者 拝の角度が素晴らしい)

 

御陵参拝 1名合流 もう1名は、海岸参道清掃に変更

 

画像では伝わりませんが、急な獣道をひたすら上っていきます

 

丁寧に清掃活動

 

今回は、2年ぶりの鵜戸神宮清掃でした。

 

2月1日が鵜戸神宮の例祭であり、青年会活動に日頃より

 

ご協力を賜っており、少しでもお役に立てればと

 

支部内会員より意見があり今回の活動となりました。

 

次回は、例祭について

 

ご報告しますので、ご期待下さい。

 

 

 

本年もあと少し

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
sashi 2019-12-23 20:57

クリスマスケーキ!!(10年前にこの場所で披露宴されたそうです)

 

 

久方ぶりの掲載です・・・

 

もうあと1週間で お正月ですね

 

今年は例年よりもインフルエンザが猛威を振るっており

 

当会会員も今月の忘年会で5名ほど感染・・・

 

その後の実行委員会、役員会の決議にぎりぎりの人数

 

各個人、対策はしててもこればっかりは防げません

 

皆様の早期の回復を心より願っています。

 

 忘年会後の1枚(インフル感染源はサンタの神様の烏帽子を握ってる方とのこと)

 

 

 

さて お正月と言えば、皆様 神社に参拝されると思いますが、

 

新年のご参拝は、 先ず氏神神社をご参拝され

 

そして県内の崇敬神社(鵜戸神宮)にご参拝ください

 

 

令和2年は、日本書紀編纂1300年の節目の年

 

宮崎県においては、国民文化祭が開催されるなど 多くの行事が予定されています。

 

令和2年も黒木会長(インフル、5人の父)のもと

 

宮崎県神道青年会会員一同、

 

一致団結して 神社界を盛り上げるべく

 

邁進しますので どうか宜しくお願いします。

 

原稿まだですか・・・

 

 

令和元年11月14日~15日にかけて

 

皇居では 大嘗祭が斎行されます

 

全国の神社においても大嘗祭当日祭が斎行されます

 

会員より最近ブログ更新されてないとの指摘が・・・

 

確かに最近は、社務に没頭し本来の業務を疎かにしてました

 

鵜戸神宮のA君に原稿依頼しようやく出来上がりましたの

 

掲載します

 

ちなみに

 

文章はいただいた原稿そのままですので

 

あしからず

 

 

 

平成31年4月12日に、宮崎県神道青年会創立70周年記念事業の一環として、「ひむかいの塔慰霊祭」を奉仕させていただきました。

 

 まず、「ひむかいの塔」とは、大東和戦争最後の決戦場となった沖縄県にあり、宮崎県出身の将校が最も多く戦没された地域の中心にあたる場所で、本県出身者1,848柱の戦没者を慰めるため、百余の県民の真心と浄財をもって建設し、沖縄以外の各戦場で亡くなられた29,389柱の戦没者も合わせて祀っているとのことです。

 

 4月11日慰霊祭前日 私たちは、宮崎県神道青年会を代表して行くということで、宮崎神青ネクタイ(オレンジ)で統一し、心を整えて、沖縄に向かいました。

 

オレンジのネクタイじゃない方いますが・・・

 

いざ那覇空港に着くと、天気が安定している様子に安堵し、また、空港が宮崎ブーゲンビリア空港よりずいぶんと大きく、そして立派で、大東和戦争終戦からの年月の長さを感じさせてくれました。

 

私たちは、沖縄県護国神社にお参りし、その後、波上宮参拝、沖縄県神社庁に行き、前日習礼を「ひむかいの塔」にて行い、翌日の慰霊祭に備えました。

 

 

 

夜は、沖縄県神社庁の方をはじめ、沖縄県の神職の方々と懇親会を行うこととなりました。当日、急ごしらえの懇親会会場となってしまった沖縄料理の店でしたが、「豆腐よう」「島唄三味線」など沖縄独特の雰囲気を楽しめる店で、大いに話し、たらふく泡盛を呑み、すっかり酔っぱらってしまいました。

 

現在の沖縄を堪能することができました。

4月12日「ひむかいの塔慰霊祭」当日 白衣白袴でホテルロビーに集合し、いざ慰霊祭に向かいました。

 

慰霊祭は国旗・県旗掲揚から降納まで、集中力を切らさずに、斎行しました。

装束を脱ぐときには、日差しもありましたが、斎主をはじめ、全員汗が顔をしたたり落ち、表情には達成感があった様に思います。

 

「おわりに」 前日習礼、はもちろん、ずっと前より段取りを考えてくれていた会長はじめ、金丸会員等のお陰で、滞りなく慰霊祭を斎行することが出来ました。ありがとうございました。

 

また、今回の慰霊祭で完結ではなく、南那珂支部で続けている慰霊碑の清掃等を継続して行い、戦争で日本の国のために戦ってくれた先人の方々を、忘れる事無く日々の生活を送っていけるようにしたいです。

 

 

いいね! 御守り ~➂~

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
sashi 2019-10-14 10:17

 

御守り紹介 第3弾

 

今回ご紹介するするのは、

 

宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸に鎮座する

 

天岩戸神社の御守りです。

 

御守りの依頼をかけてから約3カ月

 

佐藤副会長よりようやく原稿をもらっての投稿・・・

 

先ずは、神社由緒から

 

 

古事記(こじき)、日本書紀(にほんしょき)等に皇祖天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)は御弟素盞鳴尊(すさのおのみこと)を御避け遊ばして暫く天岩戸へ御籠り遊ばされた事を記して居ますが、当神社は其の霊蹟天岩戸を斎ひ奉る神社です。

境内社殿の背後断崖の中腹に御窟あり天照皇大神籠らせ給ひし処と伝へ、古より其の御神域を御神体としてお祭り致して居ります。

社殿は東本宮と天岩戸直拝の西本宮と岩戸川の渓谷を挟み相対して御鎮座ましますが東本宮関係の昌泰)年間の記録に天照皇大神、天岩戸より御出ましの節、思兼神其の御手を取りて東本宮の土地に御造営の御社殿へ御鎮りを願ったと記してあります。

弘仁壬辰三歳中秋には三田井候の遠祖、大神大太惟基公霊夢に恐惶して頽廃せる社殿を再興し深く其神明を崇敬したと申します。

又神社に由縁の舞楽として岩戸神楽三十三番の古雅なる手振を宮司社家代々伝へ氏子達習ひ伝へて祭典に奉奏する外、毎年十一月下旬より二月初旬にかけ、各集落において、民家に〆かざりして終夜舞続け黎明に及びて岩戸開きと称するを舞納むる慣習があります。

住時名士の此の地を訪ふ者も多く寛政の奇士高山彦九郎の参詣紀行あり薩摩の歌人八田知紀礼参し、水戸の烈土井上主人義秀等八名参籠して俳句「落つるには 手もなきものよ 蝸牛」を残して居ます。

又大宝の昔京都神祇宮卜部朝臣参拝の記録あり相当古くより中央に認られて居た事が考えられます。

 

 

 

「天岩戸開きの神話に出てくる手力男命様と天鈿女命様の絵が刺繍された御守りです。  天岩戸が開かれて世の中が明るく平和な世界になったことから、開運のお守りとして授与しております。」

 

御初穂料 700円

 

 

39回 大嘗祭奉祝御神田行事 抜穂祭

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
sashi 2019-9-14 20:34

前回掲載した野球大会数週間前の出来事

 

局長より電話があった

 

内容は、抜穂祭の日程が大幅に早くなるとのこと・・・

「いつ??」

「9月初旬」

「えっ!!」

「そんなの無理やろ」

「でも田長さんが、はやく刈らないと稲が・・・」

「せめて9月下旬ぐらいで・・」

 

こんなやりとりから始まり

うちの後輩が御神田委員会メンバーになっているため

御神田委員会の様子を聞いてみると

「昨日、会議何時まで??」

「帰宅が午後11時過ぎです・・・」

「えっ!!」

 

今思うと、

日程が決まってから約1か月の間に

野球大会、天下大祓等 神青会の活動もあり

もちろん、奉仕神社での勤務もあるなか

局長を始め御神田委員会、宮崎支部の会員には 大変なご苦労があったことと存じます。

 

改めて感謝申し上げますm(__)m

 

局長が野球大会でエラーを

 

数多したのも日頃の心労からくるものだったのでしょう。

 

 

 刈女の皆様 子供たち

 

 

 

 

それでは 本題です。

 

まだまだ暑い日が続きますが

 

暦の上では

 

   

です

 

令和元年9月9日 

 

宮崎市花ヶ島町において

 

大嘗祭奉祝御神田行事 抜穂祭

 

を斎行しました。

 

縣税(かけぢから)

 

 

神楽奉納(南那珂 日高啓貴会員)

 

 

参列の様子

 

 

奉仕者(右上 期待の女性神職)

 

 

当日は、会長の笑顔のような快晴ではなかったものの

 

神社関係者を始め地元関係者や子供たちも多数参列し

 

厳かな祭典を斎行できました。

 

 

夕刻 宮崎市内にて田長を囲む会

 

今回 田長を引き受けていただいた

 

児玉靜雄様

 

数カ月に亘りありがとうございました

 

 

 

二次会 まさかのボーリング

 

今回、御神田委員長を務めた

緒方委員長

始めて仕事してる姿見れて感動しました

 

ありがとう

 

 

 

 

夏の思い出

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
sashi 2019-9-3 20:36

 

「カァーン!!」

 

白球が青空に吸い込まれていく

 

本年もおじさん達による

 

おじさんだけの

 

ひたすら熱い大会が開催された

 

 

決戦は

 

火の国 熊本県

 

日程は、夏の甲子園決勝前日 8月21日

初戦 

長崎県  黒木会長(人生最初で最後の4番サード)の活躍があり

たぶん 13対1 ぐらいで 宮崎県勝利

 

 

準決勝 

福岡県 高校球児8名の相手に

出光局長(初戦温存、年齢を考慮してのショート)の福岡県に対する忖度があり      

0対10 ぐらいで 敗退でした

 

神青会に入って14年経ちましたが、近年は初戦を 突破するのがやっとの状況であります。

入った当初、現出光局長も若く宮崎県3連覇に貢献しておりましたが、現在では 体力の衰えを身に染みて感じいることでしょう・・・

 

 

背中が小さく見える・・・

 

 

夜には ザ・ニューホテル熊本にて懇親会が開催され

 

九州内の同志と今はやりのeスポーツで親睦を深めました

 

 

 

翌日には 「今、我々が成すべきこと」~日本古来の伝統精神に基づくままに~

 

を主題に研修会に参加しました。

第1講  演題「自然が与える惠と畏怖」~熊本地震が我らにもたらしたもの~

講師 熊本県神社庁 副庁長     

青井阿蘇神社 宮司 福川 義文 先生

 

 

第2講 演題 「青年神職 心を一つに」~中今担ふ、我々の成すべきこと~

 

講師 神道青年九州地区協議会顧問    

青島神社 宮司 長友 安隆 先生

 

 

研修会の内容は、長いので出席者が改めて会報に掲載しますので そちらをご確認下さい。

来年は、鹿児島県での開催です。

出来れば卒会するまでに もう一度 優勝したいですね。

 

南那珂支部活動

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
sashi 2019-8-11 18:40

8月9日

宮崎県神道青年会 第21代 野迫会長のお墓に6名でお参りさせていただきました。

 

野迫会長は、平成28年に志半ばでお亡くなりになりました。

 

お参りの後、野迫会長の実家に伺い、また70周年記念式典において 

 

記念表彰を受けられましたので、

 

その感謝状を佐師前会長より野迫会長の お父様にお渡ししました。

 

 

野迫会長のご両親にご挨拶を済ませた後は、

 

日南市南郷町に建立された忠霊塔の清掃を行いました。

 

 

南那珂支部は、宮崎県神道青年会が大東亜戦争終結70年の際に、

 

宮崎県の慰霊碑を1冊の本に纏め発刊しましたが、

 

その年より年に数回各地区の清掃活動を行っています。

 

南郷町忠霊塔碑文

戦火の度に悲しみや苦しみに耐え浸食を忘れ銃後を守り続けた英霊の母、 妻子の像を南郷町遺族会員等の浄財をもって没者を合祀する忠霊塔の一角に 建立しここに改めて不戦の誓いをこめ、英霊の悲願とした世界平和をき求し、 これを伝え永久に不滅の魂魄を鎮め奉らむ。

 

 

 

台風が接近していますが、ご祖先のお墓参りはもちろんのこと

 

地元の慰霊碑、忠霊塔また宮崎県護国神社にもご参拝していただけると

 

現在の日本の礎を築かれたご英霊も喜ばれるのではないでしょうか。

 

 

いいね! 御守り ~②~

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
sashi 2019-6-27 17:30

早くも第二弾です。

 

このままのペースだと今後はキツイかな・・・

 

早速、冨田副会長よりメールをいただきましたので、 ご紹介します。

 

今回、ご紹介させていただく御守りは、

 

西都市に鎮座する

延喜式内社 日向國二之宮 都萬神社 の御守りと特殊神事です。

 

 

 

 

 

「御神衣御守(ごしんいおまもり)」   

 

御祭神 木花開耶姫命の御神像に1年間着装していた御神衣を御内符として謹製した御守です。

 

 

 

 

『まさご』 更衣祭恒例の特別授与品

 

 

「特殊神事 更衣祭」について 当社の特殊神事に約五百年前より続いている更衣祭(七月七日に斎行することから七夕祭とも呼ばれる)という日本でも大変珍しいお祭りがございます。天孫瓊瓊杵尊は木花開耶姫命を妻にと思召しになられましたが、天津神と国津神との結婚とのことで、事勝国勝長狭神を仲人に立て婚姻の儀礼を行いました。 そのお嫁入りされる時の古事そのままの姿をおつくりし、晴れの婚礼衣装を木花開耶姫の御神像にお着せ申し白粉や口紅をつけ角隠しの帽子をかぶせ花嫁姿になられる有様を生でじかに行うゆかしい神事で、この神事が我が国婚礼儀礼のハジメであると社伝にあります。当日は午後三時まで全く可愛らしい清らかな姿を御神殿正面に御遷座申し上げその間一般参拝者に拝観が許されます。この日に奉納される白衣の枚数によってその年の豊凶や天候が占われます。  更衣祭前日には高鍋町の堀之内まで浜下りをして、禊を行い、古来より磐座とされる斎場に於いて神事を斎行し、明くる日の祭典に備えております。禊には神職だけでなく、氏子崇敬者をはじめ新盆を迎えられる家庭の方にも参加いただいております。都萬神社では、禊をすることにより、黒不浄の穢を祓い清める意味合いがあるとともに、心身を清めて故人の御霊をお迎えする習慣となっており、新盆を迎えるご家庭の方にご参加いただいております。さらに海岸に流れ着いている黒い石は黒不浄を清めるといわれており、藁で作った藁苞に納め、家庭に持ち帰って頂いております。それをお風呂につけて入ることにより、心身を清める禊の意味合いがあるとされており、各家庭においては御霊をお迎えする盆前にお風呂に入れて頂いたり、家のお清めに飾って頂いたりしております。

 

 

以上、ご紹介でした。

 

自分で言うのもなんですが、この企画は素晴らしいものなる予感が・・・

 

次回のご案内は、県北から紹介する予定です。

 

K君、期待していますよ。