宮崎神青ブログ - 20190801のエントリ

後継者北方領土四島交流訪問事業

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
sashi 2019-8-1 20:49

続きが気になって早く投稿してとのお声がありました

 

たぶん・・・

 

それではどうぞ!!

 

~第二話~ オイオイ!マジかよっ!!隊長・副隊長揃ってファンキー過ぎっだろっ!

只ならぬ雰囲気の中始まる作戦会議。司会も目立つ。司会を務めるのは北対協(北方領土問題対策協会)からお越しのI教官。出で立ちハンパない。黒系ストライプスーツに黒いシャツ、角度のエグイ眼鏡(サングラスのときはもっと凄い)。足元に目を向けると、脱走者は絶対に逃がさないと主張する黒いスニーカー(エアー入り)。 俺、来るとこ間違ったのか・・・?(I教官、ほんとは優しくて良い人です)

いやいや、ご来賓席には北対協から鈴木茂雄様、根室市より副市長竹本勝哉様がお越しくださり、出陣へ向けて激励の言葉を頂いた。続いていよいよ隊長による結団宣言の挨拶である。

会場内の緊張は極限に近づく。どのような第一声なのか。胸の鼓動は激しさを増す。 「皆さんこんにちは。今回団長を務める、神戸学院大学教授のOです。」淀みなく遥か遠くまで届きそうな爽やかな声。さすが隊長!声通るな~。

隊長はこの作戦計画を練るにあたり、三つの「継ぐ」を意識したとの事である。

①元島民の想いを次世代に②北対協の紡いできた輪を③友情・友好を この三点の「継ぐ」を心に刻み作戦実行に励めよ、との訓示に心を掴まれる。

そして、この色丹島上陸作戦における最大のミッションが明かされることとなる。 その作戦名は、「第4回アニメ・オタク文化青年サミットin色丹」である。

作戦内容としては、副隊長の本業である漫画イラストによる、ちびキャラ・ゆるキャラを駆使し、お互いの心を近づけ、コスプレショーを行うことにより、更に交流を図るというものであった。

この作戦決行の為、隊長・副隊長は自宅から調査兵団の恰好にて出陣したとの事。 そうか、調査兵団の恰好はコスプレだったのか。胸に溜まっていた澱はきれいに流れ落ちる。(但し、ドラえもんの件については未だ謎に包まれたままである)

訓示は続き、領土の返還ももちろん大事であるが先ずは「心の返還」を成し遂げ、その先にある領土の返還、返還後のビジョンを明確にしていかなければならないと仰せになられた。

最後に声高らかに誓いを立てられる。「ここに令和元年度第三回北方四島交流後継者事業訪問団の結団を宣言する」。この瞬間、任務遂行の日を迎えるまで隊長についていく事を心に誓った。

時刻も六時を過ぎ疲れが見え隠れする。朝八時からずっと移動していることに加え、飛行機の乗り継ぎの都合上昼飯も喰えない状況であったため猛烈に腹が鳴る。事務局席まで腹の音が聞こえたのか咄嗟に五分間の休憩が与えられることとなる。(ホントにタイトなスケジュール。でも早く終わらせ晩飯喰いたい。) 五分の休憩の後、いよいよ元島民である得能さんの講演である。

 

 

色丹島出身の得能氏は、十一歳にして占領という悲劇を味わった。四島への帰還を只管に願い返還運動に力を尽くしてこられた。元島民の平均年齢は八十を超え、更には六割の方が他界してしまったのが現状である。元島民の想いは返還の実現するその日まで必ずや繋いでいかなければならないと決意を新たにした。

得能さんは二年連続語り部として宮崎県へ来県しており、今回の再会はおよそ七ヶ月振りである。会うたびに違う話を考えてこられ、夜は一緒に酒を酌み交わす。宮崎県民会議にとって得能さんは返還へのシンボルと言っても過言ではない。北方領土マスコットであるエリカちゃんに勝るとも劣らない人気である。

得能さんには、今回も特別なネタ(話)を頂けるよう宮崎特産のマンゴーという名の賄賂を渡すことにも成功した。ネタの提供は船中で期待できそうである。

諸手続きを終え、時刻は八時を廻り宿舎前で解散。決起集会の隣席であった鹿児島のKさんと杯を交わしていると、電話番号を聞きそびれ別行動となっていたSさんが同じ店に。日本の最北の地・北海道、その東端の根室にてなぜか南九州三人組は集まったのである。

「北の勝」なる日本酒を酌み交わしつつ、根室の夜は更けていく。

 

 


 

三話へ続く