宮崎神青ブログ - 201906のエントリ

創立70周年記念式典

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
sashi 2019-6-22 21:26

時は 令和元年6月18日

 

宮崎県神道青年会 創立70周年記念式典 の日を迎えました。

 

この日のために、実行委員会を立ち上げ

そして会員各位それぞれ委員会ごとに何度も集まり準備を進めてきました。

 

 

当日は、

午後2時  物故者慰霊祭

午後3時  記念式典

午後4時  記念講演

午後6時  祝宴

 

宮崎県神社庁『神宮会館』で開催しました。

 

式典前の1枚

 

皆さん、顔が恐いですけど・・・

 

 

 

物故者慰霊祭

 

当会の発展に多大なご尽力を賜った物故者に対し、

各自入念に祭式、雅楽等 練習を行いご奉仕いたしました。

 

 

会長挨拶

めずらしい原稿!! 

 

 

感謝状贈呈 

偉大な先輩方

 

記念講演 講師 三木善明(そうぎよしあき)先生

演題 『天皇様のおまつり』

 

祝宴 清興 『三味線』

村上三絃道 村上由宇月さん

まさかのシャンシャン馬道中唄 お囃子

 

 

祝宴後

1枚目との笑顔の多さ 

先輩から撮っていただいたせいなのか

 

それとも 無事に終えたことの安心からきたのか

 

にしても会長の笑顔がすんばらしい1枚

 

 会長が緊張して何度も頑張ってる姿は次世代に繋がっていくことでありましょう

 

 

縦の糸?横の糸?

 

 

祝宴の挨拶は上手いような感じでしたが、

 

中島 みゆきさんの歌のパクリでしたよね??

 

 

いいね! 御守り ~①~

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
sashi 2019-6-12 21:12

御守り紹介の第一弾

 

皆さんの中には、神社を参拝される際にそれぞれの想いがあって参拝されることと思います。

最近では、御朱印ブームやインスタ映えなどの影響もあり以前と比べ神社に参拝するきっかけが増えてきているのではないでしょうか。

 

その中には、大切な方にお渡しする為に御守りを受けに参拝される方も多いと感じています。

私自身、鵜戸神宮で御守り(授与品)の担当をしており多くの参拝者と接しています。

 

御守りには神社と参拝者を繋ぐ大切な役割があり、その御守りを通してより神社の事を知ってもらい、また参拝したいと思っていただけるようしていくのも神主の役目ではないかと思っています。

 

 

 

 

そんなこんなで私の想いを片隅に置き、御守りを通してよりよく神社の事を知っていただければと考えご紹介していきます。

 

今回、紹介しますのは、

宮崎県南部の日南市に鎮座する 鵜戸神宮の安産御守りです。

一般的な安産守りと違って様々な特典があります。

 

 

昔から鵜戸神宮は、安産信仰のゆかりの地として伝えられており洞窟内には

お乳岩や産湯の跡など安産信仰に関係する場所があります。

 

こんな感じで県内の御守りを簡単ですが紹介していく予定です。

 

各地区役員さんには御守り紹介依頼をしていますので、期待して次回の掲載をお待ちください。