• カテゴリ 会員近況 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

宮崎神青ブログ - 会員近況カテゴリのエントリ

弥栄!

カテゴリ : 
会員近況
執筆 : 
kuroki-kou 2017-6-28 14:07

南那珂支部 日南より祝いの報告です!

 

去る63日、当会会員の日髙啓貴さん(吾平津神社禰宜)の結婚披露宴に参加した会員より報告いただきました。 ありがとうございます!

 

「どどどっどどっどどっどどどどどどどどど」

迫力のある太鼓を新郎が高砂から響かせます!

 

祝いの獅子舞に会場は沸き上がりました(^^)/ ちびっ子たちは恐がるのがお決まりですね|д゚)

 

☆☆☆ こちらはなんと 新郎新婦の手作り ☆☆☆

新郎が奉仕する吾平津神社の模型です。新たな家族となった日高家が楽し気に過ごしてます(^^♪

 

油津消防団の余興「恋ダンス」からの「あきら100%とバカ殿ミックスおじさん」

など会場を盛り上げてくれました。

 

お盆は成功?したとは言えませんが、気のせいでしょうか・・・()

写真は幸せな写真に差し変わっております、ご安心ください!

 

「私は生まれ育った日南がそして油津が大好きです」

新郎啓貴さんが挨拶で言われた言葉です。

大好きな土地で大好きな家族と一緒に暮らせる。

幸せな家庭が目に浮かびます。

 

 

最後になりましたが日髙夫妻の末永いお幸せとご両家の益々のご繁栄をご祈念申し上げます。

 

弥栄!

二男と二男

カテゴリ : 
会員近況
執筆 : 
office 2016-11-1 17:17

あれから2年・・・

平成26年10月

 

去る10月29日、30日に斎行された宮崎神宮御神幸祭(神武さま)に、

本年は二男坊と共に供奉(ぐぶ)させていただきました。

お父さんは騎馬権禰宜として、

 

息子は稚児として供奉致しました。

 

奉仕を終えて。

 

今年で5歳となった息子ですが、振り返ると

 

骨折・・

 

熱性痙攣による入院・・・

 

と、色々ございましたが、無事にこの日を迎えることができました。

 

4月からは小学生!

まだまだ甘えん坊ですが、これからも神様に見守られながら、額に書いた「犬」の文字に

恥じぬよう、元気に駆け回りスクスクと育ってほしいものです。

 

ちなみに、

もう一人控えております・・・

 

お兄ちゃんの衣裳を借りて、本年は写真のみ。

 

再来年が楽しみです(^_^)/

弥栄!

カテゴリ : 
会員近況
執筆 : 
office 2016-9-9 15:43

家族になろうよ♪ 作詞・作曲 福山雅治

百年たっても好きでいてね


 

みんなの前で困らせたり


 

それでも隣で笑ってくれて

 

選んでくれてありがとう

 

どれほど深く信じあっても

 

わからないこともあるでしょう


 

その孤独と寄り添い生きることが

 

愛するということかもしれないから

 

いつかお父さんみたいに大きな背中で

 

いつかお母さんみたいに静かな優しさで

 

どんなことも超えていける

 

家族になろうよ

 

いつかあなたの笑顔によく似た男の子と

 

いつかわたしと同じ泣き虫な女の子と

 

どんなことも超えていける

 

家族になろうよ

 

あなたとなら生きていける

 

幸せになろうよ

 

去る9月4日、当会会員の宮崎市宮崎神宮の本部怜くんが目出度く結婚されました。

 

おふたりの末永いお幸せと、ご両家益々のご繁栄を心よりご祈念申し上げます。

 

弥栄!

弥栄!

カテゴリ : 
会員近況
執筆 : 
office 2016-6-15 21:36

家族になろうよ♪ 作詞・作曲 福山雅治


百年たっても好きでいてね


 

みんなの前で困らせたり


 

それでも隣で笑ってくれて


 

選んでくれてありがとう


 

どれほど深く信じあっても

 

わからないこともあるでしょう


 

その孤独と寄り添い生きることが


 

愛するということかもしれないから


 

いつかお父さんみたいに大きな背中で 


 

いつかお母さんみたいに静かな優しさで


 

どんなことも超えていける


 

家族になろうよ


 

いつかあなたの笑顔によく似た男の子と


 

いつかわたしと同じ泣き虫な女の子と


 

どんなことも超えていける


 

家族になろうよ


 

あなたとなら生きていける


 

幸せになろうよ


 

去る6月12日、当会会員の宮崎市宮崎縣護國神社の金丸孝史くんが
目出度く結婚されました。
 

おふたりの末永いお幸せと、ご両家益々のご繁栄を心よりご祈念申し上げます。
 

弥栄!

弥栄!

カテゴリ : 
会員近況
執筆 : 
office 2016-6-6 16:06

家族になろうよ♪ 作詞・作曲 福山雅治


百年たっても好きでいてね

 

みんなの前で困らせたり

 

それでも隣で笑ってくれて

 

選んでくれてありがとう

 

どれほど深く信じあっても

 

わからないこともあるでしょう

 

その孤独と寄り添い生きることが

 

愛するということかもしれないから

 

いつかお父さんみたいに大きな背中で

 

いつかお母さんみたいに静かな優しさで

 

どんなことも超えていける

 

家族になろうよ

 

いつかあなたの笑顔によく似た男の子と

 

いつかわたしと同じ泣き虫な女の子と

 

どんなことも超えていける

 

家族になろうよ

 

あなたとなら生きていける

 

幸せになろうよ

 

去る6月5日、当会会員の宮崎市青島神社の塩満太佑くんが目出度く結婚されました。

 

おふたりの末永いお幸せと、ご両家益々のご繁栄を心よりご祈念申し上げます。

 

弥栄!

お決まりの

カテゴリ : 
会員近況
執筆 : 
office 2016-4-11 10:21

過去のブログを見ると、毎年この季節には恒例のブログが掲載されます。

 

安藤親子の宮崎神宮神事流鏑馬奉仕の写真です。

 

父(広瀬神社宮司)

 

息子(鵜戸神宮権禰宜)

 

親父は中々息子を認めてくれないかもしれませんが、今年は息子さんの方が、

的中率が良かったような・・・

 

父の背中を追って精進し、来年も是非お揃いで奉仕されてください。

 

ちなみに、昨年に結婚された息子さん。(ブログはこちら

二世が誕生されたら、是非とも流鏑馬をご一緒に奉仕していただきたいものです。

 

史上初であろう三世代同時の奉仕もあり得るかも!?

 

さすがにそれはキビシイかな・・・(笑)

弥栄!

カテゴリ : 
会員近況
執筆 : 
office 2015-9-6 10:54

家族になろうよ♪ 作詞・作曲 福山雅治

百年たっても好きでいてね

 

みんなの前で困らせたり

 

それでも隣で笑ってくれて

 

選んでくれてありがとう

 

どれほど深く信じあっても

 

わからないこともあるでしょう

 

その孤独と寄り添い生きることが

 

愛するということかもしれないから

 

いつかお父さんみたいに大きな背中で

 

いつかお母さんみたいに静かな優しさで


どんなことも超えていける

 

家族になろうよ


いつかあなたの笑顔によく似た男の子と

 

いつかわたしと同じ泣き虫な女の子と

 

どんなことも超えていける

 

家族になろうよ



あなたとなら生きていける



幸せになろうよ

 
去る8月29日、当会会員の日南市鵜戸神宮の安藤祐一郎くんが目出度く結婚されました。

おふたりの末永いお幸せと、ご両家益々のご繁栄を心よりご祈念申し上げます。
 
弥栄!

夏の一コマ

カテゴリ : 
会員近況
執筆 : 
office 2015-7-20 15:03

去る7月18、19日と小戸神社夏越祭のお手伝いをさせていただきました。

 

そもそも小戸神社は私の実家。

初めてこの祭に参加したのは小学生低学年だったかな?

子供みこしを担いだ記憶が有るような無いような・・・

小学校4年くらいから6年までは獅子舞。

中学からは、獅子舞の笛、太鼓を奏でる神楽を大学4年まで。

大学を卒業してからは神職を志し上京、帰郷後は神職として。

 

私は男3兄弟の次男坊。

総代さんからは、

「お前が一番神主になるとは思わんかった~!」

と言われたこともあるような・・・

 

と、簡単に振り返ると30年は携わってきた、

と言いますか、携わるを得ないお祭りであります。

 

祭に参加されている人も様々です。

中心となられる総代さんは、白髪頭や少々薄くなられたり、

威勢がよく、少々強面の担ぎ手のお兄さんは落ち着かれたり、

おじさん、おばんさんと思っていた親子会の父兄が同世代になったり、

指導した後輩が、指導者する側になったり。

言い出せばきりがありませんが、

参加者の面々を眺めながら時の流れを感じました。

 

御神幸の道中も様々。

獅子舞に泣き叫ぶお子さま、

自分の事のように喜ばれる人、

そっと御神輿に手を合わせる人、

街並みは変われど、そこには昔から変わらぬ日本の風景があります。

 

二日間天候に悩まされましたが、御陰をもちまして滞りなく盛大に斎行できました。

最後の宮入りまで皆で声を揃えて「ワッショイ、ワッショイ!」

宮入り後は、大きな拍手、握手、抱き合う人、涙を流す人、

皆で大きな喜びを分かちあい、境内は清々しい雰囲気に包まれました。

 

 

祭を終えて、静寂を取り戻した境内。

参加者のある方がご家族で参拝になられました。

 

「あれがお父さんが担いだおみこし~?」

 

「そうだよ~」

 

「じゃあお参りしようか」

 

二礼

 

二拍手

 

一礼

 

・・・

 

お参りを終えた奥さんが一言。

 

「夏が終わった気がするね~」

 

「じゃ~ねぇ~」

 

ご家族にとって小戸神社夏祭が、毎年恒例の夏の大きな一コマであることが伺えました。

 

ゆくらゆくらに街行く神輿

氏子崇敬者の基心

(小戸神社夏越唄より)

 

二日間誠にお疲れ様でした。

行ってきます!

カテゴリ : 
会員近況
執筆 : 
office 2015-6-22 16:54

本年は大東亜戦争終結より七十年の節目にあたります。

畏くも天皇皇后両陛下におかせられましては、去る四月八日から二日間の日程で帛琉共和国を公式訪問されました。ご訪問に際し「太平洋に浮かぶ美しい島々で、悲しい歴史があったことを、私どもは決して忘れてはならないと思います」と述べられ、全ての戦没者の御霊を慰められ平和を祈られました。
 

日本から三千キロ余り離れた帛琉共和国は、太平洋上のミクロネシア地域の島々からなる国であります。戦前約三十年に亘り日本の統治下であった為、多くの日本人が住んでおり、私の祖父もその一人にあたります。宮崎神宮旧社報「美あかし」を紐解くと、昭和十八年六月一日発刊の記事に、「新に官幣大社鵜戸神宮主典を命ぜられた氏は宮崎市の社家に出生、鵜戸神宮宮崎神宮の出仕より先年新に御鎭座の官幣大社南洋神社出仕に轉じ、南方第一戦に近き社頭に精勵奉仕今春退職歸鄕中であった」とあることからも、その事を伺い知ることができます。

 

官幣大社南洋神社は、南洋群島総鎮守として昭和十五年、紀元二千六百年記念事業の一環として帛琉共和国コロール島に創建され、天照大御神をお祀りし、敷地は九六、二四八坪にも及ぶ壮大なものでありました。日本人はもとより現地住民にも篤く崇敬され、また南方の戦地に赴く部隊、兵士が武運長久の最期の祈りを捧げた神社でしたが、本殿は戦後(昭和二十年九月十一日)に米国の了解の下、日本側の手で奉焼、その後平成九年に小さな祠として再建され現在に至ります。
 

本年六月には、神道青年全国協議会主催の海外慰霊祭が帛琉共和国にて斎行されます。参加が叶うのであれば、聞くことのできなかった、日本と歴史を共有した国において、祖父が如何なる思いで如何なる日々を過ごしたのか、空気、歴史、文化、人に触れ、その一端でも感じ取りたいものであります。
祖父が帰幽してから二十数年。

祖父のトンビコートは現在私が愛用しています。

身体だけは大きくなった私に、孫ではなく神職としての私に、今ならば人一倍大きかったあの声で何を語ってくれるのでしょうか・・・

 

本年五月発刊の宮崎県神道青年会に掲載したこの文書。

 

大変有難いことに参加が叶いました!

 

明日から行ってきます<(_ _)>

毎年恒例

カテゴリ : 
会員近況
執筆 : 
office 2015-4-21 17:56

去る4月3日、宮崎神宮において神事流鏑馬が斎行されました。

(神事流鏑馬についてはこちら

 

毎年恒例=流鏑馬=神主 と、言えば安藤親子です!(昨年の様子はこちら

 

 

息子

 

 

息子

 

滅多に見ない?真面目なお顔です(笑)

 

誠にお疲れ様でした。

来年もお二人お揃いでの、ご奉仕を楽しみにしております。

 

共通の”趣味”ではありませんが、親子揃って何かを出来ることは誠に素晴らしいことですね!

 

私と父の共通の趣味。

 

う~ん・・・

 

ゴルフかな・・・

カテゴリ一覧

ブログ カレンダー

« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

最新の投稿

アーカイブ