宮崎神青ブログ - 後継者北方領土四島交流訪問事業➂

後継者北方領土四島交流訪問事業➂

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
sashi 2019-8-27 18:36

早くも➂話ですね・・・

 

ちなみに⓾話ぐらいあるそうです。

 

それではどうぞ

 

 

~第三話~

 

根室の朝は早い。日本一早い日の出が見られる場所。六月初旬の日の出時刻が午前三時四十分頃とは想像を絶する。どうせなら朝日を見ようと五時に起床、すかさずホテル内屋上展望台へ直行。まさかの雨・・・。しかも寒い。寒すぎる。

 

朝食会場は七時オープンなので、時間を持て余す。とりあえず小雨なので外を散策してみようとホテル玄関を出ると、Sさんジョギングから帰還。花咲港まで走ってきたとのこと。(先輩、何時に起きて走ったんすか?) ホテル近辺の散策をしていると北方領土返還に関する看板やモニュメントが多い。返還要求運動の先頭に立つ根室の熱き思いに触れる瞬間であった。

併せて標識や看板は日本語、英語、ロシア語で表記されているものも多く、ロシアとの交流も盛んに行われているのだなと実感をした。

 

 

 

六月七日朝八時半、千島会館に集いし六十三名の精鋭はいよいよ出発のときをまつ。二台のバスに乗り込み根室港琴平岸壁へと向かう。狙ったわけではないのだが前席は副隊長である。調査兵団がドラえもんを抱きしめ、声真似で何事かをつぶやいている。気になる。気になる。いや、気にならないわけがない。 「大丈夫ですか?」何度もこの言葉が漏れそうになる。しかし十分ほどの車中ではその問いを口にすることは叶わなかった。

 

根室港琴平岸壁に到着し、隊長による出陣挨拶ののち隊員番号順に乗船となる。鍛えられた隊員はI教官の点呼に大きく短くはっきりと返事し、乗り込んでいく。

 

港には見送りに来てくれた多くの人々。沢山の「いってらっしゃーい」に、隊長の音頭に合わせ「行ってきまーす」と答える。だが、ただ一人だけ「行ってきまーす」がドラえもんの声真似である。しかもスマホにて自撮りしているではないか。意を決し尋ねようとした瞬間、勇気ある青年隊員が「何やってんすか?」我より先に聞いたのである。副隊長すぐさま返答する。「旅するドラえもんという設定で自分のSNSにアップするの!!」。 なるほど。今回は色々な設定がありそうなので、深く考えてはいけないと悟ったわけである。 空港で初めて声真似を聞いた時よりおよそ二十時。そのクオリティは向上している。「練習や努力は嘘をつかない」まさにこのことだと確信した。

 

船は入域検査を行う国後島に向かい進む。それぞれ荷物を手に部屋へ分かれる。四人部屋の船室は広すぎず狭すぎず快適である。部屋を同じくする四人が揃い手身近に挨拶を済ませ、各々荷物を整理し全体集合の船内放送を待つ。メンバーは鹿児島のKさん。三重のH君、福岡のA君。みな人当たりが良く上手くやっていけそうである。 十一時より昼食との船内放送を受け部屋に戻る。食堂兼集会場にてカレーを頂くのだが、これが美味すぎる。おかわりまでしっかりと頂き入域検査に備える。

 

いよい眼前には雄大な自然を誇る国後島が見えてくる。港近辺にはカラフルな建造物が立ち並び、山の麓からは温泉の蒸気らしきものが立ち昇る。

ここで、ロシア側から入域検査担当者が「はしけ」にて近づいてくるので、全隊員に部屋での待機命令が下る。一切部屋から出ることは出来ない。書類審査に費やされた時間およそ一時間半。次に、書類の写真と本人が間違い無いかの確認が始まる。隊員番号順に整列し、確認後そのまま部屋へ戻りまた待機。ロシア側の実効支配を強く感じる瞬間である。

 

入域検査後、食堂兼集会場において事後活動の説明及びロシア語講座が行われる。 今回の通訳同行者は十名。約二時間、言語は勿論、マナーなども学び上陸へ備える。 ロシア語講座の後は、甲板や食堂兼集会場にて隊員との交流を図り夕食を待つ。

 

昼飯喰いすぎで腹へってね~(*_*)

 

 

 

 

四話へつづく

トラックバック